TOPLiving Style路地裏の極上住宅

優れた住宅をつくろうとするとき、その原動力になるのは、建て主が見せる強い意欲とパワーであり、建築家が示す熱いスピリットとアイデアである。東京において、極上住宅は路地裏に生まれ、育ち、鍛えられてきた。これは、路地裏で身を粉にしてきた建築家が、活動の舞台を表通りにまで広げ、さらなる極上住宅をつくろうとする物語である。

極上の照明 ~空間を触発する照明デザイン~

極上の「闇」を設計する

 著書「陰翳礼讃」の中で「闇があるからこそ光の素晴らしさがわかる」と述べているのは作家の谷崎潤一郎です。光のあるところには、闇というキャンバスが常に存在し、明るすぎる世界では決して見えないものがあることをあらためて実感します。

 100年以上も前から日本の生活で使用されてきた白熱電球は、現代の住まいの明かりの象徴として、長い間、火の代わりを担ってきました。しかしながら、戦後の日本では住宅供給が拡大するにつれ、より明るい方が良いという風潮が出始め、橙(だいだい)色にほのかに光る白熱電球のほかに、青白く光る蛍光灯も使用され始めました。

 均一な明かりを生み出す蛍光灯は住宅のみならず学校やオフィスでも多用され、次第に人々の心の中心に刻まれていったのです。生まれたころから蛍光灯の空間で生活してきた若い世代の人々には、まったく違和感がないでしょう。

 長寿命の蛍光灯はコストパフォーマンスも高く、コンビニエンスストアなどでも多用され、そのフラットな世界観が日本の都市の象徴となっていきました。現在、住まいや都市について再び議論され始めているのは、日本の生活でかつて存在していた大切な「闇」が失われていることの現実です。

景観を存分に楽しめるよう配置されたピクチャーウィンドーから漏れる明かりは、建物全体を灯篭のように照らす(写真:西川公朗)

 住宅を設計する際、家具計画と並行して進めるのが照明の計画です。使用する照明器具のタイプや位置にはじまり、スイッチやコンセントなど決定事項は多岐にわたりますが、何より、建て主がどのような明かりの下で生活したいかを具体的にイメージすることから始めなくてはなりません。

 しかし、建て主自身の好みの明るさや暗さを正確に把握することは容易なことではないでしょう。建て主の明かりの好みや心地良さの指標を理解するために、雰囲気の良いレストランや理想的な明かりの空間でともに過ごしたり、言葉を交わし合ったりすることで、設計者はどのような明かりが生活に必要なのかを共有することが大事です。

空間自体が無意識に欲する光の本質を見極める(写真:西川公朗)

上質な闇こそがそこに差し込む一筋の上質な光を誘う(写真:西川公朗)

 そもそも、自分にとってふさわしい明かりを具体的にイメージしたことがある人はさほど多くはないでしょう。家づくりを行う際に初めて意識することがほとんどです。そこで、照明のショールームなどを利用し、様々な光を体験することで、照明の効果を理解し、理想の明かりをイメージできるようにするのです。

 空間を見るやいなや照明の役割を瞬時に感じ取れる人は、専門家を除いてよほど感覚的な人に限られます。まずは空間の明かりについて意識的になることから徐々に始めていくのが良いでしょう。

 明かりの体験を意識的に繰り返すことで、目に見えるすべての事象に明かりが影響している現実を実感できるようになります。そこで初めて、目の前で繰り広げられるシーンがいかなる照明で成立しているかということに興味を持ち始めるわけです。

 照明は音や香りなどと同様に、ほんの少しの違いが空間に大きく影響しますので、イメージを頼りに正しい明かりを選択し、その明かりを生かす空間をつくり上げることが大切です。つまり「光」と「闇」を適切に設計することが照明設計の本質なのです。

空間の隅々に光が行き届き、光そのものを味えることが、何より大切である(写真:西川公朗)

おすすめ情報(PR)