TOPLiving Styleうちの施主のおかしな注文

うちの施主のおかしな注文
コラムトップ BackNumber
プロフィール 実作品 国際設計競技案
国際設計競技(コンペ)案

※wmvが再生できない方はWindows Madia Playerをダウンロードしてください。
Light Thread(光の通り道)

 この建築は「光の通り道」という。「光の通り道」は、壁と屋根を覆い尽くす「窓」である。それは木漏れ日が降り注ぐように豊饒である。曲線のしなやかさは、奇想天外と言えるほど力強い。

 2008年北京オリンピックのレスリング競技場。会期中は、1万人収容のレスリング場であり、会期後は、4000席の仮設席を取り除いて、3つのアリーナとプールを含む6000席の複合体育館として改修する。

 敷地は、中国農業大学のキャンパス内にあり、会期後、この建築は、中国農業大学が所有する。この条件から、オリンピック競技(レスリング)場としての特徴と、中国農業大学の建築としての特徴の、双方を満足できる考え方を模索した。

 ランダムな曲線のスリット「光の通り道」によって建築をまとめることである。この曲線の形は、オリンピックの「レスリングの人体の動き」と、農業大学の「植物」を重ねて表現する。

    1 大地よりのびる植物の生命力、根、芽吹き、幹。
    2 レスリングの筋力、その技に見る腕、脚、身体のからみあい。

 「光の通り道」は、壁の厚み400ミリメートルに納まる平たい鉄(フラットバー)を、裂け目を糸で縫うように三角形のラチス状に綴(つづ)る。この仕掛けによって、「光の通り道」は、方向性に制約のない自由を確保しながら、構造体として成立し、曲線スリットの多様な表現を、巨大な建築的スケールで展開することが可能である。

 私たちはこのコンペ(国際指名設計競技)に川口衞・構造設計事務所と協同で参加し、競合他社1社と同率1位を獲得した。しかし、当時、日中関係が悪化し、最終的には第2位となった。

 この建築には、2つの新しい構造システムを使っている。1「Thin-walled spatial structure」と2「Semi-rigid parabolic truss」である。それらが「Light thread(光の通り道)」と組み合わさっている。
イチョウ、カエデ、シラカバ、カシワなどの木立が美しい「中国農業大学」のキャンパスに、木の葉の形の緑地をつくる。会期中に必要な駐車場は、会期後には緑溢れる屋外競技場となる。

春の新芽、新緑。水の流れ、木にとまる鳥、蝶。
夏の果実、木の茂り、はためく葉。夕暮れの雲、妖精、房、羊歯(しだ)。
秋の稲、豆、赤と黄の色調。濃淡、収穫、畠、落ち葉、茸。
冬の木立、蔓(かずら)。雨の夜、雪、霧、霜、蒸気、結晶、球根、根。
「Light thread」の構造システムは、南北に142メートル、東西に90メートル、高さ19メートルに及ぶ長大な壁面に、曲線のスリットを切りこむ。そして、その小口(切り口)にぴったりとはまる平たい鉄(フラットバー)で、上図右の模型のように三角形(ラチス状)につなぐ。

 バラバラに見える壁はラチスによって綴られており、構造的に一体である。「Thin-walled spatial structure」は、明確な柱・梁を有しないRC壁式構造に、「Light thread」を組み合わせた世界に類を見ない構造である。
 この建築は、4面の壁と地面、屋根面が強固な立体としての特性(立体効果)をもつ。この立体効果を活用し、最大スパン144×90メートルの大空間が経済的にできあがる。90メートルの屋根に、4周の壁の剛性を利用した「Semi-rigid parabolic truss」を使用している。

Page Top
おすすめ情報(PR)